I stray into the rose garden

今年もバラ園に行ってきました


b0183483_08545119.jpg



疲れていると無性に自然に触れたくなります
今年は私が子供の頃からある近くのバラ園へ

規模はそんなに大きくありませんが買い物帰りにふらっと
寄れるのがいいところ


b0183483_08530778.jpg

満開です!

土曜日は雲ひとつない快晴だったので日差しが強くてゆっくり
見れませんでしたがバラの香りのする木陰のベンチに座って
のんびりしました


b0183483_08524304.jpg

見渡す限りのバラの世界は夢の中に迷い込んだような気分になります


b0183483_08513940.jpg



b0183483_08520028.jpg


このオレンジにちょっとピンクが入ったようなバラが好き

自然が作り出す色は不思議ですね

自然からいつもたくさんパワーをもらっています


b0183483_08542206.jpg



近所にも素晴らしく素敵なバラのアーチのある家が
あるのですが壁にもバラが蔦っていて本当に見事なんです

そのアーチを見るためにちょっと遠回りして家に帰るぐらい・・

庭の雰囲気もセンスが良くていったいどんな方が住んでいるんだろう?
いつも写真を撮りたい衝動に駆られるのですがさすがに人のお宅なので
見るだけで我慢しています


たくさんのお庭でバラが見られるこの季節
短い間ですが私の楽しみのひとつです



# by fragoline-a | 2017-05-24 14:09 | Days | Comments(0)

映画「We are X」

前回のドキュメンタリー映画のつづき

ここ数ヶ月で見たドキュメンタリー

b0183483_10363851.jpg

2本目は「We are X」

私にはまったくの専門外ですがサンダンス映画祭などでたくさんの賞を
受賞しているとの事で気になって見てみました

結論から言うとこの映画凄く良かった!

私はX Japan全盛期がまさにどんぴしゃでリアル世代なので
まだインディーズで「X」と名乗っていた頃から知っていました

・・が私はイギリスのクラブミュージックやニューロマンティック、
パンクなどXとは対極にあるシーンにはまりまくっていたのでXは
理解不能で、メジャーデビューの時も「うわあ、ついにメジャー
いくんだ・・」とかなり否定的な目で見ていました

でも、なんであんなにファンが熱狂するのかまったくわからなかったけど
TVに出ているとつい目がいってしまう・・そんなよくわからない
吸引力がXにはありました

この映画はXのインディーズ時代から現在までの残っていた映像と
リーダーのyoshikiのインタビューで構成されています


メンバーの死、洗脳、解散、復活とまあドラマのオンパレード・・
当時の映像を見ながらこちらまで息苦しくなるようなエピソードの数々


一番思った事はyoshikiとtoshiという才能の塊が幼少期に出会った事が
奇跡!その一言に尽きると思います

凄い曲作れる人がいて、それを完璧に歌いこなせる人がいる
それだけで最強ですよね

yoshikiが「再結成できたという事よりtoshiが友達として戻って
きてくれた事が一番嬉しい」と言っていた事が印象的でした

多分良い意味で普通な人のtoshiみたいな人がyoshikiは一緒にいて
ホッとするんだろうなと思いました

映画以上に映画のようなドラマチックなバンド
素晴らしい才能はもちろんあったとは思いますが地道な努力も
たくさんしてきたんだろうな~と思いました

なぜ世界中の人がこんなに熱狂するのかこのドキュメンタリーを
見て少しわかったような気がしました








# by fragoline-a | 2017-05-22 10:40 | Cinema | Comments(0)

先週は久しぶりの原亜樹子さんのお教室「アメリカの食卓」がありました


b0183483_08232295.jpg



今回のメニューは
・ココナッツのクリームパイ
・チーズグリッツ

いかにもアメリカンな雰囲気のテーブル
こういう素朴な感じ好きだな~

b0183483_08232659.jpg




私は面倒くさがりなのでパイはいつも冷凍パイシートを使っていたのですが
今回作ったパイシートはとっても簡単でサクサクで美味しかったです


b0183483_08232492.jpg


チーズグリッツはアメリカ版おかゆ
オートミールは大好きでよく食べますがグリッツは知らなかったな
これも美味しかった!朝食にぴったり!

b0183483_08232643.jpg



そうそう、新しいご著書の準備もされているそうです
楽しみ〜!!
本は色々と制約もあると思いますがこのままのスタイルで突っ走って欲しいなあ・・とファンとしては
思っております(笑)

今回も楽しいレッスンをありがとうございました!

# by fragoline-a | 2017-05-21 00:00 | 習い事 | Comments(0)

ドキュメンタリー映画が好き

実際に起こった事はどんな物語よりドラマチックだから

ここ数ヶ月で3本のドキュメンタリーを観ました
まず最近見た映画

b0183483_08185508.jpg



【メットガラ ドレスをまとった美術館】
(The First Monday in May)

原題の通り「5月の第一月曜日」に開催されるファッション界最大級の
イベント「メットガラ」
米ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンター主催でNYのメトロポリンタン美術館
(MET)で毎年開催されるこのイベント

準備は8ヶ月

インスタレーションや展示する服のセレクト、設営、その他パーティーに
出席するセレブの席をパズルのように埋めていく作業なんていうのもあります

もう見ているだけで神経が擦り減りそうになるのですが(笑)その中で
淡々と合理的に支持を出していくアナウィンター様はさすが!

YesかNoしかなくて迷いがまったくない
色々な意見が出てもダメなものはダメときっぱり言えるのは自分に
自身がなければ出来ない事


「ファッションはアートなのか」という事がひとつのテーマになっています
そもそもそんな事を議論する事自体がナンセンスだと思いますが
カールラガーフェルドは「自分をアーティストなんて言いたくないし
CHANELはアートではない、ただのドレスメーカーだ」と言い切るところが
かっこ良かったですが、いやいや、カールラガーフェルドは
間違いなくアーティストでしょう?

一部のデザイナーが生み出す作品は間違いなくアートだと私は思います

b0183483_14345354.png

あとひとつ、この映画の主人公である総責任者の若きキュレーター、
アンドリューボルトン
彼が一番影響を受けたものが私と同じニューロマンティック、雑誌FACEや
IDといったロンドンのクラブカルチャーだったと言っていたのがちょっと
嬉しかったです

パンクに乗り遅れてニューロマンティックの世代だと言っていたので
私と同世代な気がする(笑)

そんな彼が世界を駆けずり回り神経擦り減らしてようやく初日を
迎えるのですが、こちらまでハラハラドキドキして見ていたので
オープニングの素晴らしさを見て心から「良かったねえ・・」
と思いました

自分自身も「頑張ろう!」と思わせてくれる映画


ファッションドキュメンタリーでは「ディオールと私」のほうが私は
感動したけれどこちらもオススメです!

そうそう、今年のメットガラはなんと「Rei Kawakubo / Comme de Garcons
(川久保玲 /コム・デ・ギャルソン)」なんですよ!!!

b0183483_14365853.jpg

存命のデザイナーがテーマになったのはサンローラン以来二人目だそうです
本当に凄いなあ 日本人として誇らしい気分になります
9月まで開催しているのでNYに飛んで行きたいです

<おまけ>

b0183483_14430566.jpg

賛否両論だったメットガラのリアーナの通称「オムレツドレス」
私は正直ちょっと悪趣味だと思いましたが注目度は間違いなくNo,1でしたね


メットガラだけで長文になってしまったので残り二つのドキュメンタリー
については次のblogで




# by fragoline-a | 2017-05-20 00:19 | Cinema | Comments(0)

Life is life

一ヶ月もblog放置してました

色々な事がたくさんあって何もやる気がしなかったのですが
でも気力を振り絞ってやってました・・と言うかこなしてました

b0183483_14161711.jpg

GWは兄の一周忌でした
1年本当に早い!
久々にみんなに会えて嬉しかったです

兄の事を思うとまだまだ頑張らなきゃな~と思います


Life is life, fight for it!


これから少しずつまた綴っていこうと思ってます

<おまけ>

b0183483_14172435.jpg
久々にみんなで食べた「川豊」のうなぎ
ふわっふわで美味しかった~!



# by fragoline-a | 2017-05-19 14:18 | Days | Comments(0)